老人を介護する人

こんな場合に利用

手を握る女性

残業による従業員への負担を軽減することが出来ます。介護保険請求ソフトはとても便利。多くの介護施設で活躍していますよ。

質の高いサービスを高齢者に提供できるようにするには国保中央会介護伝送ソフトを利用する必要があります。詳しくはコチラをご確認ください。

安全と思っている住まいでも、実は様々な障害があります。
健常者には気づくことが出来ない些細なことでも、介護を受けている人や身体を上手く利用することが出来な人に取っては大きな障害なのです。

世の中には、様々な理由で車いすを使用している人がいます。こうした人達は、車輪が自分の足となりますので段差は大敵です。
段差があることで行動できる範囲が狭くなってしまいます。

住まいにはちょっとした段差が多数あります。そのため、段差を解消するためにスロープを設置する家庭も多いです。
しかし、スロープでは補えない段差もあります。また、スロープを設置するためには、ある程度の距離が必要です。しかし、スペースの都合上スロープを設置することが出来ない場合があります。
そういった時に「段差解消機」というものが存在しているのです。

段差解消機は、階段などの大きな段差、玄関などの段差に利用されています。段差にも色々な高さがありますが、高い段差にも低い段差にも対応しています。
車いすを利用している人にとっては、段差が外出の大きな妨げとなってしまいますが、こうしたものを設置すると自分で外出することが出来るようになりますし、行動するにもストレスを感じることはありません。

一般家庭でも取り付けられていることが多く、年々機能的で買い求めやすい価格になっています。
様々なメーカーから販売されていますし、機能も様々な種類があるので、用途に合わせて選択することが出来ます。

24時間対応してくれる松戸の老人ホームがこちらです。一人一人に最適な食事を提供してくれるためご家族の方も安心です。

導入するメリット

手を重ねる

介護が必要な人と同居している場合、車いすは欠かせない介護用品の1つです。車いすを利用している人にとって段差解消機は非常に優れものです。段差解消機のメリットについて紹介します。

詳細を確認する

導入までの流れ

老人と医師

段差解消機を導入しようと思った場合、業者を利用することとなります。ただ、その際にどういった流れで住まいへ導入することが出来るのでしょうか?ここで、段差解消機を導入までの流れを簡単に紹介します。

詳細を確認する

業者選び

老人を抱きしめる女性

段差解消機を導入することとなった場合、取り付け業者は多数存在しています。その際、選ぶ業者によって取り扱っている商品や費用は変わってきますそこで、業者の選び方についてポイントを紹介します。

詳細を確認する