笑顔で話す人々

導入するメリット

手を重ねる

時間を要さない

段差解消機を導入する場合、設置までの期間が短いです。
製品によって設置されるまでの期間は違いますが、直線階段用であれば2週間程度、曲線の階段用であれば4~5週間程度で設置することが出来ます。
また、工事に関しては1日で終わりますので、導入を考えてから実際に設置されるまでの期間は、トータル1ヶ月前後で設置することが出来ます。

必要になってから設置できるまでの期間が短いので、手軽に取り入れることが出来る段差解消方法です。

スペースいらず

段差を解消する方法には主に2つの種類があります。
1つ目はスロープを設置する方法で、2つ目は段差解消機を設置する方法です。
スロープの場合、ゆるやかな坂を設置することとなりますので段差前に距離が必要です。そのため、スペースに余裕がなければ設置することが出来ないのです。
しかし、段差解消機であれば装置を設置するスペースさえあれば設置することが出来ます。つまり、狭いスペースであっても設置することが出来るということです。
いくら段差が高いといった場合でも、必要なスペースは段差が設置する部分だけです。

低コスト

段差解消機を導入する場合、スロープに比べて低コストで設置することが出来る可能性があります。
助成を受けることが出来れば、100万円前後の助成金を受け取ることが出来ます。ただ、助成の対象となる条件は異なりますので、住まいの市町村に確認する必要があります。
対象となっていない場合には高額になってしまうので気をつけましょう。